泌尿器科このページを印刷する - 泌尿器科

泌尿器科

(1)対象としている部位(疾患名)と腫瘍の特徴
 泌尿器科で取り扱う悪性腫瘍には腎癌・腎盂尿管癌・膀胱癌・前立腺癌・精巣癌・陰茎癌等があります。治療には手術・抗がん剤治療・放射線治療・免疫療法・ホルモン療法等がありますが、正確な質的診断・進行期診断をもとに適切な治療方法について検討し、治療方針を決定しています。

 

(2)当院の診療の特徴
 本院は日本泌尿器科学会から泌尿器科専門医教育施設基幹教育施設に認定され、現在、医師数3名体制で診療にあたっています。
 外来診療では、尿路(腎・尿管・膀胱・尿道)および男性性器(前立腺・精巣・精巣上体・陰茎)疾患全般を対象とし、特に尿路性器に発生した悪性腫瘍の診断と治療を中心に、排尿障害(前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿失禁など)、尿路性器感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎など)、急性・慢性腎不全、尿路結石症、尿潜血などの診断と治療を行っています。
 また、鹿児島大学泌尿器科を含めた県内各地の泌尿器科診療所・病院と連携を取り、協力体制を整えています。
 入院診療では、腎臓、膀胱、前立腺疾患、および尿路性器疾患に対する内視鏡手術、開腹手術、腹腔鏡手術を中心とし、当院での検査・治療を要する維持透析患者さまや、院内で発生した急性腎不全患者さまに対する血液透析療法・シャント手術等を行っています。
 心疾患や脳血管疾患の合併症を有する方の診療が多いのが当院の特徴ですが各専門領域と連携して治療にあたっています。

 

(3)症例数と治療法(年次)
実績

 

2010~2016年度 手術統計

副腎 副腎摘除術   38
開腹 3  
鏡視下 35  
単純腎摘除術   2
腎悪性腫瘍手術   199
腎摘除術 開腹 50  
鏡視下 56  
腎部分切除 開腹 8  
鏡視下 12  
腎尿管全摘除術 開腹 28  
鏡視下 45  
腹腔鏡下腎盂形成術   2
腎瘻造設術   52
経皮的腎砕石術   1
腎のう胞穿刺   10
腎生検   9
尿管 尿管TUL   33
経尿道的尿管拡張術   1
尿管鏡・凝固術   19
尿管切石   2
膀胱 TUR-Bt   387
膀胱全摘除術   26
回腸導管 19  
尿管皮膚瘻 5  
新膀胱 2  
膀胱部分切除   4
膀胱TUL   17
TVM手術   14
膀胱瘤 12  
直腸瘤 2  
膀胱瘻造設術   30
膀胱内異物除去   1
水圧拡張   3
膀胱切石   3
膀胱憩室切除   2
膀胱腸瘻   9
膀胱修復術   3
経尿道的凝固術   34
腹腔鏡下尿膜管摘出術   1
前立腺 TUR-P   171
前立腺全摘   171
開腹 158  
鏡視下 13  
尿道 内尿道切開   18
カルンクラ   6
精巣/陰嚢 高位精巣摘除術   8
精巣上体摘出術   2
陰嚢水腫根治術   3
ラパロ精巣静脈結紮術   2
陰茎 陰茎切断   1
環状切開   9
背面切開   4
その他 ブラッドアクセス造設術   163
その他 手術   24
合計 1484件
前立腺生検 803件
経尿道的尿管ステント留置術 850例以上

 

(4)最近のトピックス
 近年、腹腔鏡下手術を導入し、平成28年6月から前立腺癌に対して腹腔鏡下前立腺全摘除術を、平成29年8月からは膀胱癌に対して腹腔鏡下膀胱全摘術を開始しております。出血量の減少、術後疼痛の軽減や全身状態の回復改善につながっております。

 

(5)その他
 平成28年8月から転移性腎細胞癌に対し免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブ(商品名オプジーボ)が泌尿器科の癌において初めて承認されました。当院では鹿児島県内で最も早く10月より転移性腎細胞癌の患者さまに対してニボルマブを導入しています。他科の先生方と緊密に連携して合併症対策・管理を行っていることから、他施設からの紹介もあり、平成28年度は県内で最も使用症例数が多い施設となっております。