独立行政法人 国立病院機構 鹿児島医療センター

沿革

明治34年4月 鹿児島陸軍衛戌病院として創立
昭和11年11月 鹿児島陸軍病院となる
昭和20年12月 厚生省へ移管 国立鹿児島病院として発足
昭和28年4月 国立療養所へ転換
昭和38年4月 国立病院へ再転換
昭和56年4月 国立南九州中央病院開設
昭和56年4月 国立南九州中央病院伊敷分院として改設
昭和56年7月 国立南九州中央病院診療開始
昭和59年4月 伊敷分院は廃止され、本院に統合される
1999年10月 臨床研究部設置
2000年7月 国立療養所霧島病院と統合し、国立病院九州循環器病センターとして病院名変更
2000年7月 診療部設置
2004年4月 独立行政法人国立病院機構 九州循環器病センターとして発足
2004年10月 無菌室5床稼働
2005年4月 超高速マルチスライスCT装置導入
2005年8月 ICU(特定集中治療室)16床稼働
2005年8月 救急告示病院指定
2006年3月 地域医療支援病院指定
2006年4月 独立行政法人国立病院機構 鹿児島医療センターへ病院名変更
2006年4月 バイプレーン装置(血管造影装置)導入
2006年7月 DPC試行開始
2006年8月 地域がん診療連携拠点病院指定
2007年1月 MRI装置導入
2007年4月 東4階病棟開設
2007年4月 SCU(脳卒中ケアユニット)3床開設
2007年5月 心臓リハビリ開設
2007年7月 オーダリング導入
2008年4月 DPC導入
2008年5月 SCU3床増床 計6床
2009年5月 7:1看護体制導入
2012年7月 電子カルテシステム稼働
2012年10月 SCU3床増床 計9床
2012年12月 無菌室14床増床 計19床
2013年3月 CT装置更新・増設 2台体制
2013年3月 歯科口腔外科新設
2013年8月 腫瘍内科、救急科新設
2013年10月 消化器外科新設
2014年10月 皮膚腫瘍科・皮膚科新設
2016年6月 HCU(ハイケアユニット)4床開設
2016年11月 心臓病・脳卒中救急センター開設
2017年6月 ハイブリッド手術室稼働 
2018年4月 腎臓内科・眼科新設
2018年4月 鹿児島逓信病院の機能移転に伴い410床へ増床
独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合わせはコチラ

page top

Copyright © 2019 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center.