独立行政法人 国立病院機構 鹿児島医療センター

泌尿器科

診療科の紹介

泌尿器科TOP

① 対象としている部位(疾患名)と腫瘍の特徴

泌尿器科で取り扱う悪性腫瘍には腎癌・腎盂尿管癌・膀胱癌・前立腺癌・精巣癌・陰茎癌等があります。治療には手術・抗癌剤治療・放射線治療・免疫療法・ホルモン療法等がありますが、正確な質的診断・進行期診断をもとに適切な治療方法について検討し、治療方針を決定しています。

② 当院の診療の特徴

本院は日本泌尿器科学会から泌尿器科専門医教育施設基幹教育施設に認定され、現在、医師数3名体制で診療にあたっています。
 外来診療では、尿路(腎・尿管・膀胱・尿道)および男性性器(前立腺・精巣・精巣上体・陰茎)疾患全般を対象とし、特に尿路性器に発生した悪性腫瘍の診断と治療を中心に、排尿障害(前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿失禁など)、尿路性器感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎など)、尿路結石症、尿潜血などの診断と治療を行っています。+- また、鹿児島大学泌尿器科を含めた県内各地の泌尿器科診療所・病院と連携を取り、協力体制を整えています。
 入院診療では、腎臓、膀胱、前立腺疾患、および尿路性器疾患に対する内視鏡手術、開腹手術、腹腔鏡手術を中心とし、当院での検査・治療を要する維持透析患者の管理を行っています。
 心疾患や脳血管疾患の合併症を有する方の診療が多いのが当院の特徴ですが各専門領域と連携して治療にあたっています。

③ その他

近年、腹腔鏡下手術を導入し、平成28年6月から前立腺癌に対して腹腔鏡下前立腺全摘除術を、平成29年8月からは膀胱癌に対して腹腔鏡下膀胱全摘術を開始しております。出血量の減少、術後疼痛の軽減や全身状態の回復改善につながっております。前立腺肥大症に対し、平成30年から経尿道的前立腺核出術(TUEB)が保険収載されました。当院でも平成30年から前立腺肥大症に対してTUEBを行っております。従来の経尿道的前立腺切除術(TURP)のように、前立腺を削り取るのではなく、前立腺の腺腫をくり抜くような方法で手術を行います。TURPに比べ出血が少ないのが利点です。前立腺サイズが大きい方に適しています。
 表在性膀胱癌の内視鏡的治療において、平成25年ごろから経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術(TURBO)を、平成30年5月から5-ALAによる光力学診断を行っております。※詳細はこちら
 転移性の前立腺癌に対してはこれまで男性ホルモンを抑制する内分泌ホルモン療法しか治療法がありませんでした。近年、ドセタキセルやカバジタキセルといった化学療法やアビラテロン・エンザルタミドといった新規ホルモン剤が適応になり、治療の選択肢が増えています。その中でも最も新しい治療薬がラジウム223です。前立腺癌・骨転移に効果を発揮する注射による放射線治療薬です。平成29年5月より治療を行っています。※詳細はこちら
 平成28年8月から転移性腎細胞癌に対し免疫チェックポイント阻害剤であるオプジーボが泌尿器科の癌において初めて承認されました。当院では鹿児島県内で最も早く10月より転移性腎細胞癌の患者に対してオプジーボを導入しています。他科の先生方と緊密に連携して合併症対策・管理を行っていることから、他施設からの紹介もあり、平成28年度は県内で最も使用症例数が多い施設となっております。最近、免疫チェックポイント阻害剤はオプジーボ・ヤーボイ併用療法が腎癌に適応になり、尿路上皮癌や前立腺癌にもその適応が拡大されています。※詳細はこちら

スタッフ紹介 【2019年4月1日現在】

千代丸 剛 Takeshi Chiyomaru
医長

専門領域
  • 泌尿器科一般
  • 泌尿器癌
学会専門医・資格
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 日本透析学会
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 医学博士
  • 経歴はこちら

斎藤 朗毅 Saeki Saito
医師

専門領域
  • 泌尿器科
学会専門医・資格
  • 日本泌尿器科学会

水間 浩平 Kouhei Mizuma
医長

専門領域
  • 泌尿器一般
学会専門医・資格
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡技術認定医
  • 日本透析医学会

外来診療曜日・担当表

外来担当一覧表はこちら

受付時間 午前8時30分から午前11時00分まで
診療時間 午前8時30分から午後5時15分まで
*ただし、急患についてはこの限りではありません。

 
初診・再診 恒吉
米澤
「手術日」 恒吉
岡村
恒吉
米澤
恒吉
岡村
午後なし          

実績

2015~2018年度 手術統計

項目 2015年 2016年 2017年 2018年
手術 腎・尿管・副腎 副腎 腹腔鏡下副腎摘出術 7 12 6 5
腎孟・尿管癌 腹腔鏡下腎尿管全摘術 14 18 8 6
腎尿管全摘術(開腹) 2 0 1 0
腎癌 腹腔鏡下腎摘出術 21 10 20 5
腎摘出術(開腹) 5 4 0 0
腹腔鏡下腎部分切除術 5 5 5 3
前立腺 前立腺癌 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 / 13 10 18
前立腺全摘術(開腹) 23 11 0 0
前立腺肥大症 経尿道的前立腺切除術(TURP) 19 21 21 10
経尿道的前立腺核出術(TUEB) / / / 10
膀胱 膀胱癌 腹腔鏡下膀胱全摘術 / / 1 2
膀胱全摘除術(開腹) 3 1 0 0
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT) 55 50 68 72
膀胱瘤 TVM(膀胱瘤) 3 4 0 0
精巣 精巣腫瘍 高位精巣摘除術 2 0 1 0
尿路結石 経皮的腎砕石術 0 0 0 0
経尿道的尿路結石除去術(腎盂・尿管) 5 3 1 8
経尿道的尿路結石除去術(膀胱) 3 7 15 6
その他 内シャント設置術 18 15 13 4
検査・処置 尿管ステント留置術 151 160 177 217
腎瘻造設術 7 8 7 6
膀胱瘻造設術 0 7 4 3
前立腺生検 100 124 137 127

トピックス

泌尿器科に関するお知らせ

現在、お知らせはございません。

一覧を見る

<受賞歴・助成金>

・2014年 科研費:岩手研究(B)研究代表者:千代丸剛 機能性RNAネットワーク解析に基づく腎癌低酸素耐性機構の解明(2014~2016年度)

・2011年 科研費:岩手研究(B)研究代表者:千代丸剛 癌抑制マイクロRNAを基点とした尿路上皮癌の新規分子ネットワークの解明 (2011~2012年度)

・2010年 欧州泌尿器科学会年次総会(Barcelona) ベストポスター賞受賞(Bladder Cancer: Basic Research) 千代丸剛 ‘MiR-145 and miR-133a function as tumor suppressors and directly regulate FSCN1 expression in bladder cancer’.

・2010年 米国泌尿器科学会年次総会(San Francisco) ベストポスター賞受賞(Bladder Cancer: Basic Research) 千代丸剛 ‘MiR-133a functions as a tumor suppressor and directly regulates LASP1 expression in bladder cancer’.

<過去の学会・講演活動一覧>

・2018年9月1日 第30回服薬指導セミナーin Kagoshima (鹿児島市勤労者交流センター第1会議室) 腎がんと薬物療法 千代丸剛

・2018年8月17日 RCC immune conference in Miyakonojo (都城医療センター会議室) 鹿児島医療センターにおけるNivolumabの使用経験とirAE対策 千代丸剛

・2018年8月7日 第29回服薬指導セミナーin Kagoshima (鹿児島市勤労者交流センター第1会議室) 前立腺がんと薬物療法 千代丸剛

・2018年7月7日 第136回日本泌尿器科学鹿児島地方会 光力学診断(PDD)併用経尿道的膀胱腫瘍切除の初期経験 上村康介・水間浩平・千代丸剛

・2018年4月20日 第106回日本泌尿器科学会総会(京都) 一般口演・腎腫瘍・薬物療法①当院におけるニボルマブの初期使用経験 千代丸剛・上野貴大・日高英雄

・2018年2月16日 Kagoshima Immunotherapy Support Network (KISNet) 錦江湾ベイサイドカンファレンス(ドルフィンポート1Fドルフィンホール) Session 2 パネルディスカッション【実際に経験したirAEとその対応】◎内分泌疾患「1型糖尿病」 千代丸剛

・2017年12月17日 第135回日本泌尿器科学鹿児島地方会 鹿児島医療センターにおける経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術(en-bloc TUR)についての検討 千代丸剛・上野貴大・日高英雄・恒吉研吾

・2017年11月25日 鹿児島医療センター第4回がん市民公開講座Know (≠No) More Cancer もっとがんを知ろう! ~がん予防と早期発見~ ⑥前立腺がん 千代丸剛

・2017年7月1日 第134回日本泌尿器科学会鹿児島地方会 当院で経験した褐色細胞腫・傍神経節細胞腫の3例 上野貴大・日高英雄・千代丸剛

・2017年6月29日 鹿児島腎細胞がんI-OカンファレンスCase report & Discussion講師 当院におけるオプジーボの使用経験について 千代丸剛

・2016年12月18日 第133回日本泌尿器科学会鹿児島地方会 当院における転移性腎細胞癌に対するニボルマブの初期使用経験 千代丸剛・古屋敷和歌子・恒吉研吾

・2016年7月9日 第132回日本泌尿器科学会鹿児島地方会 AMLが疑われた腎癌が対側腎にpT3bの転移性病変をきたしたと思われた両側腎癌の1例 古屋敷和歌子・千代丸剛・恒吉研吾、岡村俊介、米澤智一、仮屋知

<過去の論文一覧(筆頭のみ)>

1.千代丸剛・上野貴大・日高英雄・恒吉研吾、鹿児島医療センターにおける系共同的膀胱腫瘍一塊切除術(en-bloc TUR)についての検討、鹿児島市医法、第57巻第9号、2018、16-1

2.上野貴大・千代丸剛・日高英雄、尿閉をきたしTURで治療した女性尿道平滑筋の1例、泌尿器外科、第31巻第7号、2018、1095-109

3.Dual regulation of receptor tyrosine kinase genes EGFR and c-Met by the tumor-suppressive microRNA-23b/27b cluster in bladder cancer. Chiyomaru T,etal. Int J Oncol. 2015:46:487-9

4.Long non-coding RNA HOTAIR is targeted and regulated by miR-141 in human cancer cells. Chiyomaru T,et al. J Biol Chem. 2014:289:12550-65

5.Genistein inhibits prostate cancer cell growth by targeting miR-34a and oncogenic HOTAIR. Chiyomaru T,et al. PLoS One. 2013:8:e70372

6.Genistein up-regulates tumor suppressor microRNA-574-3p in prostate cancer. Chiyomaru T, et al. PLoS One. 2013:8:e58929

7.Genistein suppresses prostate cancer growth through inhibition of oncogenic microRNA-151. Chiyomaru T,et al. PLoS One. 2012:7:e43812

8.SWAP70, actin-binding protein, function as an oncogene targeting tumor-suppressive miR-145 in prostate cancer.Chiyomaru T , et al. Prostate. 2011:71:1559-67

9.Functional role of LASP1 in cell viability and its regulation by microRNAs in bladder cancer.Chiyomaru T, et al. Urol Oncol. 2012:30:434-43

10.miR-145 and miR-133a function as tumour suppressors and directly regulate FSCN1 expression in bladder cancer. Chiyomaru T, et al. Br J Cancer. 2010:102:883-91

独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合わせはコチラ

page top

Copyright © 2019 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center.