独立行政法人 国立病院機構 鹿児島医療センター

眼科

診療科の紹介

眼科TOP

 当科は2018年5月より外来診療を開始しており、ドライアイ、結膜炎、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などさまざまな疾患の診療を行っております。
 当院の特性上、全身疾患やその治療に関連する眼合併症の精査・治療も行っており、必要に応じて他科との連携を密に取っております。 治療機器としては、マルチカラーレーザーとYAGレーザーがあり、糖尿病網膜症や網膜裂孔に対する網膜光凝固術、閉塞隅角に対する虹彩光凝固術、後発白内障に対するレーザー後嚢切開術などが可能です。
 手術加療が必要な方、より専門性の高い診療が必要な症例に対しては、鹿児島大学病院眼科をはじめとした関連施設に紹介致します。 なお時間は限られておりますが、画像などを用いた丁寧な説明を心がけたいと思っております。
 皆様方のお役に少しでも立てるよう微力ながら日々精進してまいりたいと思いますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

スタッフ紹介 【2018年10月1日現在】

大井 城一郎 Joichiro Oi
医師

専門領域
  • 眼科
学会専門医・資格
  • 日本眼科学会専門医

外来診療曜日・担当表

実績

レーザー治療 2018.5月~2019.3月 2019.4月~2020.3月
網膜光凝固術 4件 22件
レーザー虹彩切開術 0件 8件
レーザー後嚢切開術 0件 4件

トピックス

眼科に関するお知らせ

現在、お知らせはございません。

一覧を見る

独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合わせはコチラ

page top

Copyright © 2019 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center.