独立行政法人 国立病院機構 鹿児島医療センター

婦人科

診療科の紹介

主として婦人科悪性腫瘍の診療を行っていますが、良性腫瘍を含め婦人科疾患一般について広く取り扱っています

 婦人科では卵巣がん・子宮頸がん・子宮体がんなどの悪性腫瘍から子宮筋腫・卵巣良性腫瘍・子宮内膜症・骨盤臓器脱などの良性疾患まで幅広く診療を行っています。治療方針は各ガイドラインに基づいた標準治療を行っていますが、患者さまの年齢・社会的背景・人生観などを考慮した、納得いただけるシェアードデシージョンメイキングをモットーにしています。また、婦人科疾患に伴う様々な問題をワンストップで解決できるようメディカルサポートセンターと連携しています。

 卵巣がんや子宮体がんに対する分子標的薬の適応を判断することを目的としたコンパニオン診断も積極的に行っています。検査結果によっては遺伝性腫瘍の可能性を考える必要があり、遺伝カウンセリングを提供できる体制をとっています。

 

専門領域

・婦人科悪性腫瘍に対する診断・集学的治療

 手術療法(子宮頸がん根治手術・卵巣がん基本手術・子宮体がん基本手術・腟外陰がん基本手術・レーザー手術)

 化学療法(抗がん剤による治療)

 放射線療法

・婦人科良性疾患の診断・治療

 子宮筋腫・卵巣腫瘍・子宮脱・子宮ポリープ・子宮内膜症など

 腹腔鏡下手術・腟式手術・子宮鏡下手術、薬物療法

・女性のヘルスケアに関する診療

 月経異常(無月経、月経不順、月経困難症)・更年期障害など

 

 

スタッフ紹介 【2020年4月1日現在】

恒松 良祐 Ryosuke Tsunematsu
主任部長

専門領域
  • 婦人科内分泌
  • 女性ヘルスケア
  • 遺伝カウンセリング
学会専門医・資格
  • 日本産婦人科学会産婦人科専門医・指導医
  • 日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医・指導医
  • 臨床遺伝専門医

牧瀬 裕恵 Hiroe Makise
医師

専門領域
  • 産婦人科
学会専門医・資格
  • 日本産婦人科学会専門医・指導医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本女性医学学会
  • エンドメトリオーシス学会

大田 俊一郎 Shunichiro Ota
部長

専門領域
  • 産婦人科一般
  • 婦人科腫瘍
学会専門医・資格
  • 日本産婦人科学会専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会専門医・指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診指導医

濵島 雅代 Masayo Hamashima
医師

専門領域
  • 婦人科一般
学会専門医・資格

外来診療曜日・担当表

外来担当一覧表はこちら

受付時間 午前8時30分から午前11時00分まで
診療時間 午前8時30分から午後5時15分まで *ただし、急患についてはこの限りではありません。

 
初診・再診

大田

濱島

恒松

大田

小徳

手術日

恒松

大田

濱島

恒松

小徳

実績

 
 

 

トピックス

婦人科に関するお知らせ

現在、お知らせはございません。

一覧を見る

子宮頸部レーザー蒸散術について

近年、40歳未満の若年者子宮頸癌の発症が増えていることが問題となっています。性行動の多様化などが原因の一つとして挙げられています。子宮頸癌は、前癌病変(CIN)の段階で治療を行うことにより癌化を防ぐことが可能です。円錐切除術がしばしば行われますが、当院では子宮頸部レーザー蒸散術も施行しております。レーザー治療は妊娠出産への影響はほとんど無く、1泊2日での治療が可能です。通常、手術室で寝た状態で、20分くらいで行います。子宮頸部を拡大鏡で観察しながら、レーザー光線を照射して、病変部を蒸散させることにより治療します。翌日まで特に異常が無いことを確認して帰宅して頂きます。浸潤がんが疑われる場合や、病変部が奥に進展している場合などを除くCIN2-3が適応でありますが、鹿児島では当院で行うことが可能です。

独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合わせはコチラ

page top

Copyright © 2019 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center.