独立行政法人 国立病院機構 鹿児島医療センター

看護部

看護部理念

患者さまの目線に立って、安心の看護信頼される看護責任ある看護の提供を目指します。

看護部運営方針

  1. 患者さまの人権を尊重し、一人ひとりの気持ちに添える看護を実践します。
  2. 専門性を追求し、安全・確実な継続性のある看護を提供します。
  3. 病院の使命と役割を認識し、看護職員の教育・研修を推進します。
  4. チーム医療を推進し、責任をもって個別的な看護を実践します。

3つの重点医療

3つの重点医療 心臓病・がん・脳卒中

心臓病、脳卒中及びがんの診療を柱とし、病む人と家族の目線に立った、分かりやすく質の高い医療を地域の医療機関と連携・機能分担しつつ全職員協力して提供します。

看護体制・看護方式・勤務体制

看護体制、看護方式 パートナーシップナーシング(PNS)、受け持ち看護師制
勤務体制 2交替制(ICUのみ3交替制)

 

病棟紹介

入院から退院後まで、安心して生活できるよう支援しています。

東2階病棟

ICU

 集中治療室は、昼夜問わず大手術後や緊急入院など重症な患者さまが入室されます。医師や看護師など様々な職種が連携して患者さまの早期回復に向けて治療や看護ケア、早期離床リハビリテーションを行っています。

東3階病棟

婦人科、小児科、皮膚腫瘍科・皮膚科、泌尿器科

 東3階病棟では、各診療科の集学的治療を行う患者さまが安全で安心して療養できることを目標に看護を行っています。
 また、入院前から患者さまの不安や日常生活での困りごとに対し少しでも不安を軽減できるよう外来と連携し支援をおこなっています。

東4階病棟

心臓血管外科、消化器外科

 一般病棟とHCU4床を有し、外科的治療を必要とした患者さまの術前から術後ケアを専門とし、安心して治療に専念できるよう支援しています。
 また術後の退院支援にも力を入れており、患者さまに合わせた調整・支援を行っています。

東5階病棟

脳血管内科、脳血管外科

 9床のSCUを有し、24時間体制で救急患者を受け入れています。
 脳卒中急性期の全身管理及び術後管理、また生活への再構築に向けて早期からリハビリテーションを行い、退院後を見据えた看護を行っています。

東6階病棟

循環器内科

 虚血性心疾患、弁疾患、心不全、不整脈などの疾患を持つ患者さまに対し、心臓カテーテル検査、冠動脈拡張術、アブレーション、ペースメーカー植え込み術、TAVIなどの検査・治療を実施しています。そのため、急性期から慢性期にある患者さまが安心して検査・治療が受けられるよう説明や看護ケアを実施しています。
 また自宅に安心して帰られるよう生活指導を行っています。

東7階病棟

循環器内科、糖尿病内分泌科

 循環器疾患・糖尿病内分泌に関する検査・治療・看護・療育指導を行っています。入院早期より多職種連携を図ることで個別性を活かしたより良い看護の提供に努めると共に、退院後の生活を見据えた患者指導の充足を図ることで、患者さまらしい生活が送れるよう支援しています。糖尿病看護では、教育目的の入院を行っており、多職種が連携しながらカードシステムを活用した患者指導の充実に取り組んでいます。

東8階病棟

消化器内科、腎臓内科、眼科

 主に消化器系のがんに対する抗がん剤治療や、腎不全患者に対する腹膜透析の導入・指導などを行なっています。
 病室の窓から望める錦江湾と桜島の雄大な景色には癒される環境となっています。様々な疾患をもった患者さまに対応できる専門性の高い医療、看護を実践するとともに、心安らぐ温かい看護サービスの提供を目指します。

西3階病棟

耳鼻咽喉科、放射線科、腫瘍内科

 西3階病棟では、手術や検査、化学療法や放射線治療を受ける患者さまが、安全で安心できる看護を目標に提供しています。外来受診時より意思決定支援に関わり、患者さまや家族が抱えている身体的、精神的、社会的なさまざまな気がかりに対し、多職種と連携しながら看護を行っています。

西4階病棟

血液内科、腫瘍内科

 西4階病棟では、白血病や悪性リンパ腫、成人T細胞白血病、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍の患者さまが、化学療法や輸血療法、造血幹細胞移植などの治療を安心して受けることができるように看護を提供しています。治療による血球減少により、易感染状態となり無菌室管理が必要になる患者さまも多いため、副作用症状を緩和し、患者さまと共に感染防止に取り組んでいます。繰り返す治療の中で、常に患者さまとご家族に寄り添い、信頼される看護の提供を目指しています。
 また、移植により病気を克服し社会に戻る長期サバイバーを支援することを目的として「移植後長期フォローアップ外来」を行っています。

手術室

 当院では年間3000件を超える手術が行われており、主に心血管・脳血管・悪性腫瘍手術が多く、鏡視下手術も増加しています。手術室では、術前訪問により患者さまのニーズを把握しながら手術準備を行い、術後訪問により術中の患者さまの評価を行うことで患者さまのニーズに合わせた看護が提供できるように周手術期看護の質の向上に努めています。また当院のハイブリッド手術室では、高画質なX線画像のもと、より安全・確実な治療を行うことが可能になり、2017年に鹿児島県で初めてのTAVIを開始し、2019年には100件を超えています。
 医師、臨床工学技士などと連携しながらチーム医療の推進を図り、安全な手術のマネージメントを行っています。

外来

 看護専門外来では、フットケア外来・リンパ浮腫外来・ストマケア外来を開設しています。専門的な知識や技術を有する看護師が、療養生活のご相談に応じながら患者さまの状態に合わせた看護を提供し、安心して在宅生活を過ごしていただくための指導やケアを継続的に行なっています。
 救急外来では、ドクターカー出動や救急搬送された重症患者の受け入れを行っています。患者さまに、安全で安心した質の高い看護が提供できるように努めています。

キャリアアップ

ACTyナースに沿った鹿児島医療センター看護部教育体系

新人教育制度 みんなで​新人をサポート!!​

新人看護師の成長を見守る 若葉ファイル

若葉ファイル

看護師の一日(日勤)​

看護師の一日(日勤)

看護師の一日(夜勤)​

看護師の一日(夜勤)​

スペシャリスト紹介

当院ではキャリアアップのひとつとして認定看護師研修及び特定行為研修受講支援を行っています。
在籍している認定看護師は9分野10名です(2019年7月1日現在)。また、特定行為研修修了者は1名です。
月に1回リソースナース会議を開催し、事例カンファレンスや様々な研修企画、看護研究に取り組んでいます。

認定看護師




診療看護師・特定看護師

活動の様子

糖尿病看護認定看護師によるフットケア

糖尿病看護認定看護師によるフットケア

緩和ケア認定看護師による出前講座(エンゼルケア)

緩和ケア認定看護師による出前講座(エンゼルケア)

認定看護師ブログ

喫茶 きゃっするまうんてん


2019年 2018年

先輩が何でも答えます!!

きらり★ナースの声

新人看護師紹介

続きはこちら

 

 

独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合わせはコチラ

page top

Copyright © 2019 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center.